混合肌でも安心!【潤いぷるんをキープする】化粧品は?

Tゾーンは脂浮きしているのに他の部分は乾燥しているという混合肌に悩む人は意外と多いようです。どちらか一方の肌質なら対策も立てやすいのですが、部分的に異なる状態となるとケア方法を選ぶのも大変です。実はこの混合肌に悩む日本人はとても多く、約7割ほどだと言われています。同じ混合肌でも、皮脂の多いタイプ、乾燥している範囲が広いタイプと状態は様々ですので、個々の状態に合わせたケア方法を考えていかなければなりません。
部分別に見ていくと、Tゾーンは脂浮きしやすいので皮脂をしっかりと取り除いて水分を補給していくことが重要です。それに対し、Uゾーンは乾燥しやすいので皮脂を取り除くようなことはせず、ひたすら水分を補給していくことが重要です。
混合肌の人が潤いをキープする化粧品として選びたいのは、ビタミンC誘導体の含まれているタイプです。ビタミンC誘導体が含まれている化粧品は過剰な皮脂分泌を抑えてくれます。その上、抗酸化作用に優れていますので、肌の錆びつきを抑制してくれます。混合肌の人はニキビもできやすいのですが、このタイプの化粧品ならニキビの炎症を防いでくれますし、ニキビ跡の赤みも改善させることができます。商品によってはビタミンC誘導体が含まれていることを分かりやすく表示しているものもありますが、中には成分を見ないと判別できないものもあります。成分を確認する場合には、リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na、リン酸アスコルビン酸、リン酸アスコルビルMgなどといった表示があるものを選びます。
また、セラミドの含まれている化粧品を使用することでも潤いをキープすることができます。セラミドとは肌の80%もの水分を維持している細胞間脂質の1つであり、外側から補うことで水分を保持する能力が高まります。乾燥が気になる部分には重ねづけをすると効果的です。
ビタミンC誘導体やセラミドの含まれている化粧品はたくさん出回っています。使用する時には濃度やその他の成分なども確認し、最初に使用する場合には肌に合うかどうかをチェックすることも忘れてはいけません。皮脂の多い部分はしっとりタイプの洗顔剤を使用すると状態が悪化することもあります。自分にピッタリ合うものを見つけることが難しいかもしれません。まずは、サンプルなどで確かめてから購入してくださいね。→ふっくら ハリ 化粧品